『ITエンジニア採用の秘訣公開イベント』事前インタビュー ~LINE株式会社~

未分類

5月15日に開催予定の『ITエンジニア採用の秘訣公開イベント』に先んじて、LINE株式会社の人事担当 大川瑛里さんに、海外人材採用におけるLinkedInへの期待を聞いてみました。

▼イベントについてはこちら

当日は、LinkedInを活用してどのようにエンジニア人材の採用戦略を立てているのかリアルな取り組みを語って頂きます。宜しくお願いします。
-さて、まずはLinkedInとの出会いをお聞かせください。

優秀な人材をより多く採用するためにダイレクトリクルーティングの活用を検討していた中、LinkedInに出会いました。国内外問わず優秀なエンジニアにアプローチすることができますし、採用ブランディング構築する上で必要なデータを揃えている点で、プラットフォームとしての魅力を感じて導入を決定しました。

現在のLINE社における採用課題を教えてください。

会社が急成長する中で、日々新たな領域への挑戦が必要です。それを支える優秀なエンジニアを採用する事が最重要課題になっています。これまではLINEが展開するプロダクトに興味を持ち入社してくれるエンジニアが多い状況でしたが、今後はカルチャーやビジョン、技術を発信しつつ、エンジニアが働きたいと想起してもらえるようなブランドを磨いていきたいと考えています。その為には採用市場において、LINEがどの様にエンジニアから認知されているのか・魅力的な職場として捉えられているのかどうかを知る必要があります。

実際に使ってみて、いかがですか。

LinkedInのツールを用いて分析した結果を用いて、定量的根拠に基づいた戦略的な採用活動が出来つつあると感じています。どの市場にアプローチするべきかを理解した上で行動できるので、業務効率の点でも大変助かっています。

今後の展望についてお聞かせください。

現在は採用チームだけではなくエンジニアチームも巻き込んで採用活動に取り組むことができています。更にPRチームなど他の関係部門も巻き込むことで、全社一体となって採用活動を推進する文化を企業の特色にしていきたいと考えています。

LeIN Ashikawa
当日はエンジニア人材採用戦略の工夫や苦労など、リアルな取り組みをお話いただきます。それでは続きはイベントで!

 

 

お問合せはこちらまで

もっと詳しくサービスを知りたい。自社の採用状況にLinkedInが合うのか相談したい。など、LinkedInが気になる方は是非、ご相談ください。

【LinkedIN、LeINに関する問い合わせページ】

問い合わせページ

 

▼株式会社レインエコノミックグラフ研究所(HP: http://www.lein.co.jp/

『LeIN(レイン)』はLinkedInオフィシャルパートナーとしてLinkedIn製品とHRコンサルティングサービスを提供し、顧客の事業成長を支援する会社です。LinkedInをはじめダイレクトリクルーティング(DR)を活用する企業を増やすことで、日本の採用マーケットにDRを普及・浸透させることをミッションとしています。特にITエンジニアの採用支援を得意としています。