いま流行りのLinkedInの正しい使い方~LinkedInビジネスパートナーが解説~

未分類

 

こんにちは。LinkedInのビジネスパートナーをしています。アメリカやヨーロッパではFacebookと同じくらい有名ですが、日本ではまだまだ定着していないLinkedIn。聞かれる度に「Facebookのビジネス版です」と雑な回答をしてしまっていたので、ちゃんとした解説を書いておくことにしました。個人利用においてLinkedInで何ができるのか?を解説します。

最初に、とっても大事なことをお伝えします。

LinkedIn
これの読み方は、「リンクドイン」ではありません。「リンクトイン」です。「ト」なんです。初見、絶対「ド」だと思います。私も「ド」って言ってました。「ト」らしいです。

LinkedInは世界6.66億人が登録するビジネス特化型のSNSで、メンバーが仕事やキャリアに関する情報を取得したり交換する場として利用しています。間違いなく世界最大のビジネスSNSです。2003年にリリースされていて、今はマイクロソフトに買収されていますね。日本でのユーザー数は230万人くらいです。※2020年1月時点。

さて、それではLinkedInの使い方について紹介していきます。

目次

1.プロフィールを作成
2.つながりを構築する
3.フィードに流れる記事を読む
4.メッセージのやり取りをする
5.学習する
まとめ:LinkedInの使い方

プロフィールを作成

まずは登録しましょう。仕事に関する情報を記載したプロフィールを作成します。学歴・職歴・資格などが入力できます。

よくある質問
英語で書かないとダメですか?→英語が苦手な方は日本語で全く問題ないです。英語が得意な方は複数言語で登録できますので、英語バージョンも作成しておけば言語設定を英語にしている方には英語プロフィールが表示される仕様になっています。

画像1

つながりを構築する

登録したものの、何するんだ?ってなります。まずは繋がりを構築しましょう。知り合いを検索したい場合は、検索バーに名前を入力します。

画像2

アドレス帳データから知り合いを探してくれる機能もあります。繋がりたい相手が見つかったら、つながりリクエストを送りましょう。

相手から繋がり申請が来ると、画像上段「リクエスト」に表示されます。画像下段の「日本の業界リーダーとつながる」には、お勧めの繋がり相手が表示されます。

画像3

残念ながら、私は知人を検索しても全然出てきません。登録している方がまだ少ないか、私に知人が少ないからだと思いますが、日本国内での繋がり力はまだ弱いと感じています。名刺交換した後はLinkedInで相手を探して繋がり申請したり、気になる方を見つけたらメッセージを添えて繋がり申請をしたりと、地道に繋がりを増やしています。

フィードに流れる記事を読む

登録が完了すると、中央のタイムラインにつながりのある人や企業の投稿が流れてきます。たまに広告も表示されます。

画像4

私はLinkedIn編集部の方がニュースを流してくれるのがとても嬉しいです。知り合いの投稿・ビジネスニュースをまとめてチェックできるので、便利です。

国もLinkedInを活用して情報発信しています。私は日本政府をフォローしていますが、海外を意識した日本らしいとても綺麗な写真がupされています。

画像5

メッセージのやり取りをする

個人やグループでメッセージやり取りができます。スタンプを使ったり、PDFなどのファイルを送ることもできます。あとはスカウトに使用している採用担当者や経営者の方からメールが来ますので、就職活動や転職活動にも使用できます。私にはあまりスカウトが来ませんが(涙)、「HR経験且つバイリンガル」の当社の社員には、週2~3件届くようです。(ちょっと羨ましい)

画像6

学習する

LinkedInには、LinkedInラーニングというe-learningコンテンツが用意されています。Microsoft製品の使い方やビジネスパーソンとしてのノウハウ講座、プログラミング講座が多くリリースされています。私のLinkedInの使い方講座もリリースされています。良かったらご覧ください。LinkedInのプロフィールがあれば無料で視聴できます。

画像7

LinkedInラーニングは有料と無料のコンテンツがあります。LinkedInアカウントでプレミアムプランに加入すると全て視聴できます。下記4つのプランがありますが、どのプランに入っても有料コンテンツが全て視聴できるようになります。

画像8

まとめ:LinkedInの使い方

ネットワーキング→プライベートと分けたネットワーキング。普段出会えない人とも繋がることもできる。記事投稿してセルフブランディングも。
就職や転職活動→スカウトメールを受け取ることができる。またLinkedInに企業がupしている求人に応募することもできる。
情報収集→ビジネスリーダーや気になる企業をフォローして情報収集する。
学習→LinkedInラーニングを使って勉強する。

LinkedInは「英語が得意な人」「情報のアンテナが高い人」が使っているイメージがあると思いますが、個人的にはもっとカジュアルに、楽しみながら使えるようになるといいなと思っています。私も最初は自社のイベントやLinkedInの事を真面目に投稿していましたが、最近は少しカジュアルな投稿もするようしました。そうするとコメントもカジュアルにつけてもらえるようになって、楽しんで使えるようになってきました。

画像10

記事毎のいいね!の数や投稿閲覧数も分かりますので、フォロワーが欲している情報を想像しながら次の投稿に繋げられます。私は2000~4000閲覧あたりが多いです。これまで一番読まれた記事は、LinkedInシンガポールオフィスで研修を受けた記事で、今日時点で7,111閲覧でした。

画像10

この記事を通じて、LinkedInを楽しんで使ってくれる方が増えると嬉しいです。

以上、LinkedInの個人での使い方を解説しました。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
——————————————–
~LinkedInをカジュアルに~
LinkedIn Official Business Partner レインエコノミックグラフ研究所
CEO 芦川 由香
LinkedInプロフィールはこちら→ https://www.linkedin.com/in/ashikawa
twitterはこちら→https://twitter.com/ashi_LeIN
——————————————–