jQuery

jQuery
この記事はjQueryについて解説した記事です。会話形式のやさしい文章で「jQuery」の用語のイメージを紹介した後に,採用に役立つjQueryの知識を解説しています。

1分で分かる!jQueryとは?

ジャバ―ド先生、ちょっと質問!

ことりん君、おはよう!どうしたの?

フロントエンドエンジニアを目指していたうさぎさんのこと覚えてる?

あぁ、確かJavaScriptを勉強していたよね?

そうそう!で、このまえちょっとうさぎさんと会って話してたんだけど、JavaScriptって結構難しいんだね。

どういうこと~?

ボクはJavaScriptよくわかんないんだけど、うさぎさんいわくWebブラウザ上でポップアップ画面をつくるのも結構めんどくさいみたいでさぁ。あと、メニューが表示されたり、非表示になったりするWebサイトって結構あるよね?あーいうのもながーいプログラミングをしないといけないみたいなんだよ。フロントエンドエンジニアって、みんな、あんなめんどくさいことやってるんだねぇ。

ふむふむ…。もしかしてうさぎさんってJavaScriptのライブラリって使ってない??

JavaScriptのライブラリ??

そう。ライブラリっていうのは、良く使う機能などを簡単に実現するためにあらかじめ実装された部品みたいなものだよ。ライブラリはプログラミング言語ごとにいろんなものがあるんだけど、JavaScriptだとjQueryっていうのが有名だね。

えっと、そのjQueryっていうのを使えば、楽になるの??

そういうこと!jQueryっていうライブラリには、いろんな機能がつまっているんだよ。だから、うさぎさんは自分のプログラムからjQueryを呼び出すだけで、さっきお話していた「ポップアップする画面」とか「画面要素の表示(非表示)切り替え」はもちろん、他にもいろんな機能を簡単に実現することができるようになるよ!

なんか便利そうだね!!

他のプログラミング言語もそうなんだけど、あんまり「そのプログラミング言語だけ」で実装することってないんだよ。大抵はフレームワークとかライブラリを一緒に使って実装するケースが多いんだ。エンジニアは合理的な人が多いから、無駄な作業は嫌う傾向が強いからね!

たしかに、よくよく考えてみると、みんなが「Webブラウザでやりたいこと」とか「Webブラウザでやっていること」を一回一回つくるのは、無駄だもんね…。であれば、誰か1人がつくれば、後の人はそれを使えばいいだけなんだし。みんなハッピーだね!

そういうこと!きっとうさぎさん困っているだろうから、jQueryっていうライブラリがあることを教えてあげてね。

うん!ジャバ―ド先生ありがとう!

jQueryとは?jQueryの基礎知識

jQueryとは、JavaScriptの代表的なライブラリの1つです。オーストリアのソフトウェア企業によるQ-Successの調査によれば、WebサイトにおけるJavaScriptライブラリの使用統計においてjQueryは約78%というダントツのシェアを獲得しています。

https://w3techs.com/technologies/history_overview/javascript_library/all

jQueryはいくつかの特徴やメリットがあります。具体的には以下の通りです。

  • HTMLの要素の取り扱いが簡単になる

HTMLの一部のテキストをプログラムで書き換える といったことが簡単にできます。 

  • グラフや図形を簡単に描画できる

Webサイトでグラフなどをよく見かけると思いますが、jQueryを使えばそのような図形やグラフを簡単に描画することができます。

  • アニメーションなど動的なWebサイトを簡単につくることができる

JavaScriptといえばWebサイトを動的にするものですが、jQueryを使うことでさらにアニメーションなどを簡単に実現することができるようになります。

  • Ajaxを簡単に使える

Ajaxとは非同期通信を行うための技術です。通常、Webページの表示内容を更新するためには画面をリロードする必要があります。Ajaxを利用するとWebページを表示中にバックグラウンドでサーバーと通信することができるため、Webページをリロードすることなく、書き換えることが可能となります。

  • プログラムがシンプルになる

jQueryは、良く使われる機能をあらかじめ実現したものです。それらの処理はjQueryのプログラム内に実装されているため、jQueryを呼び出す側は最小限のプログラミングで実装完了するため、jQueryを使用しないときよりもプログラム全体がシンプルになります。

jQueryを使うエンジニア

jQueryは、JavaScriptのライブラリであるため、主にフロントエンドエンジニア、Webデザイナー、プログラマー、システムエンジニアなどが使用します。

JavaScriptを使用するのであれば、jQueryは知っておくべきと言ってよいでしょう。

jQueryを使うエンジニアの特徴と在籍業界

jQueryは、フロントエンドを実装するエンジニアにとって、知っていて当たり前といっても過言ではないほど、スタンダードなものです。そのため、特にエンジニアに傾向はありません。

在籍業界については、Web業界をはじめ、SIer業界など、Webアプリケーションを開発する可能性がある業界には広く在籍しています。

jQueryの種類いろいろ

jQueryにもいくつかの種類があります。jQueryの公式サイトでは、下記が関連プロジェクトとして紹介されています。

  • jQuery Core … jQuery本体
  • jQuery Mobile … スマートフォンやタブレット用のjQuery
  • Sizzle … JavaScriptのCSSエンジン(Webサイトの外観を整えるためのもの)
  • QUnit … JavaScriptをテストするためのフレームワーク

後述しますが、今後jQueryがメインとなることはあまり無いと考えられます。ただし、jQueryを利用しているプロジェクトはまだまだ存在します。企業側から必須スキルとして求められることもありますので、候補者にはjQueryについてどういった開発経験があるのか確認すると良いでしょう。

jQueryの求人のポイント

求人を作成する時は、下記の内容を求人に入れるとよいです。

1.システム(サービス)の詳細
※特にそのシステム(サービス)をなぜ作っているのかを熱量をもって記載する。
2.開発環境
3.現在のエンジニア組織の体制
4.現行システムの課題と募集の背景
5.求められる業務と期待値
6.エンジニアとしてのスキルアップ支援制度の有無と詳細
7.エンジニアチーム内での相互成長のための仕組み(勉強会やLT会など)の有無と詳細
8.選考フロー
9.待遇
10.キャリアパス

jQueryはオワコン?

jQueryはオワコンという話を聞くことがあります。最近では、JavaScriptで有力なフレームワークも数々登場しているため、jQueryのシェアも低下しつつあるようです。ただし、既存のWebサイト、Webアプリケーションには数多く使用されています。また、用途次第ではフレームワークを導入するより、jQueryの方が手軽なこともあります。実際に数年前から「jQueryはオワコン」という話がありましたが、まだそれなりに利用実績があります。今後も、しばらくはこのような状況が続くとみてよいでしょう。 

 

関連記事

  1. dart

  2. Eclipse

  3. CircleCI

  4. Gem

  5. CoffeeScript

  6. Scala