Qlik

この記事はQlikについて解説した記事です。会話形式のやさしい文章で「Qlik」の用語のイメージを紹介した後に、採用に役立つQlikの知識を解説しています。

1分で分かる!Qlikとは?

ジャバード先生!ちょっと教えて~!!

おはよう!ことりん君!今日はどうしたんだい??

さっき、ひまわりミュージックさんのとこに行ってきたんだ!で、ひまわりミュージックさんの社内で、そろそろ社内に蓄積しているいろんなデータを本格的に活用したいっていう意見が強くなっているらしいんだ!

なるほど。データがあるなら活用しないと損だもんね。

でね、この前ジャバード先生からTableauのことを教えてもらったじゃん?だから、ひまわりミュージックさんにもTableauのことを教えてあげたんだ!

※ 部リンク:Tableau

それはいいね!それで、そのあとどうなったの??

ひまわりミュージックさんも、いろんなツールを検討しているみたいでTableauのことは少し知っていたんだ!それでね、ボクのわかりやすい説明でTableauのことは理解できたってとっても感謝されたよ!

ことりん君、いいことをしたね!あれ?でもそれならひまわりミュージックさん困っていなさそうな…

いや、実はね、ひまわりミュージックさんはTableauの競合製品についても、いろいろと調べていたみたいなんだ。それでQlikっていうやつも気になっているらしいんだ。

なるほど。それでことりん君もあまり詳しくないから、ジャバード先生のところに来た という訳だね?

そうなんだ!でも、ひまわりミュージックさんとお話してて、Tableauの競合製品っていうことはわかったよ!Tableauと同じってことは、データを分析したりするソフトウェアだよね?

そうだね!ことりん君がいうとおり、QlikはTableauと同様にデータ分析ソフトウェアだよ!

Qlikはどんな特徴があるの??

その前に会社と製品ラインナップについて、少し説明しておくね。厳密にいうとQlikっていうのは、アメリカのソフトウェア企業の名前なんだ。主な製品としては、データ分析を目的とした「Qlik Sense」、データ統合を目的とした「Qlik データ統合」、そしてそれらをクラウド上で扱うことができる「Qlik Cloud」などがあるよ。

ふ~ん。結構たくさんあるんだね。あ、そういえばひまわりミュージックさんは「Qlik View」がどうとかいってたような…

Qlik Viewっていうのは、Qlik Senseの前身にあたるソフトウェアだね。Qlik Viewに様々機能が追加されたものがQlik Senseと考えてくれればOKだよ!

じゃあ、とりあえず最新のQlik Senseを使えばよさそうだね!それでQlikは何ができるの??

さっき製品ラインナップでデータ分析を目的とした「Qlik Sense」、データ統合を目的とした「Qlik データ統合」っていったよね。データ統合っていうのは、データを集めたり、蓄積したり、加工、公開するような機能だよ。簡単にいうとデータを分析するための作業って感じだね。

ふむふむ。

で、データ分析っていうのが、その名前のとおり、蓄積したデータを分析する機能だね。データを分析することで、それまでは気づかなかった新たな価値を見出したり、正しい経営判断ができるようになるんだ。

なるほどねぇ。企業にとっては欠かせないものなんだね。

そうそう。ただ、QlikがいいかTableauがいいかは、なかなか悩ましい問題だね。どちらもデータ分析ソフトウェアとしてはメジャーだからね。

とりあえずなんとなくわかったから、ひまわりミュージックさんにもなんとなく説明してくるよ!ジャバード先生ありがとう!

はーい!困ったらまたおいでー!

Qlikとは?採用に役立つ基礎知識

Qlikはデータ分析ソフトウェアです。BIツールと呼ばれることもあります。直感的なUIや誰もが簡単に作業できるデータ分析機能、そしてデータに新たな価値を見出すデータ探索機能などを備えています。Qlikは、競合製品であるTableauやMicrosoft Power BIなどと並んで多くのシェアを獲得しており、現在では50,000 社以上の企業が導入しています。

Qlikを使うエンジニア

Qlikはエンジニア以外であっても、簡単にデータ分析が可能です。ただし、より高度な分析を行う場合は、データサイエンティストなどが対応することが多いです。また、企業によっては、社内SE(情報システム)などがQlikを使用することもあります。

Qlikを使うエンジニアの特徴と在籍業界

QlikもTableauと同様にさまざまな業界や企業で導入されています。そのため、エンジニアの特徴なども特にありません。なお、業界としては、IT活用を支援するSIer業界や、企業の課題を解決するコンサルティング業界などに多く存在します。また、分析対象は経営に直結するものなど重要なものが多いため、ユーザー企業が直接エンジニアを雇用しているケースも多いです。

採用する時に知っておくとよいこと

## 主要BIツール  

Qlikはデータ分析ソフトウェアやBIツールと呼ばれるものですが、この分野には様々な競合製品が存在しています。具体的には以下のようなソフトウェアです。

なお、募集時の条件によっては、上記のようなBIツールのうち、何れかの開発経験があればOKという企業もあります。また、条件として明記されていない場合も、その他BIツールの経験があればOKである可能性があります。念のため、企業側へ確認するようにしましょう。

求人のポイント

求人を作成する時は、下記の内容を求人に入れるとよいです。

1システム(サービス)の詳細
※特にそのシステム(サービス)をなぜ作っているのかを熱量をもって記載する。
2開発環境
3現在のエンジニア組織の体制
4現行システムの課題と募集の背景
5求められる業務と期待値
6エンジニアとしてのスキルアップ支援制度の有無と詳細
7エンジニアチーム内での相互成長のための仕組み(勉強会やLT会など)の有無と詳細
8選考フロー
9待遇
10キャリアパス

Qlikの豆知識

Qlik関連の資格

Qlik関連の資格としては以下のようなものがあります。

  • Qlik Sense ビジネスアナリスト認定
    要件の特定、アプリケーションの設計、データの準備とロード、アプリケーション開発の能力を評価する。
  • Qlik Sense データアーキテクト認定
    データモデルの要件の特定、データモデルの設計と構築、データの検証の能力を評価する。
  • Qlik Sense システム管理者認定
    環境の要件の特定、Qlik Sense Enterprise のインストールと設定、環境の管理、監視と解決の能力を評価する。

引用元:Qlik 認定と適性確認

Qlik関連のイベント 

Qlik関連のイベントとしては以下のようなものがあります。

Qlik社主催 QlikWorld 2022

こちらは、年次で開催されているグローバル規模のイベントです。QlikWorld 2021は、100以上のセッションで構成され、ベストセラー作家の基調講演や表彰などが行われました。

関連記事

  1. Tomcat

  2. VirtualBox

  3. Jenkins

  4. aws

    AWS

  5. ロードバランサ

  6. Firebase