CakePHP

この記事はcakephpについて解説した記事です。会話形式のやさしい文章で「cakephp」の用語のイメージを紹介した後に、採用に役立つcakephpの知識を解説しています。

1分で分かる!CakePHPとは?

~ ことりん君、遠くから大声を出しながらジャバ―ド先生へ一直線 ~

あれ?あれは…ことりん君??

ジャバ―ド先生!!たいへんたいへん!!

ことりん君、そんなに急いで走ってどうしたの??

イノシシさんのところでちょっとトラブルがあったみたいなんだ!!

トラブル??

うん!イノシシさん、PHPでWebアプリケーションを開発してたじゃん?

あぁそうだね。たしかLaravelを教えてあげたんじゃなかったっけ?

そうそう!まさにそのLaravelが原因でトラブルが起きているんだよ!!

うーん。よくわからないな。イノシシさんはLaravelが気に入らなかったってことかな?

いやいや!イノシシさん、今ではすっかりLaravelのファンだよ!でも余りに忙しいからイノシシさんのお友達のエンジニアさんにも手伝ってもらうことにしたらしいんだよ。

ふむふむ。

ところがそのエンジニアさん、CakePHP(ケークピーエイチピー)を推している人だったらしいんだ!その人はCakePHPを使えってイノシシさんに提案したんだけど、イノシシさんは当然、断固拒否っていうわけさ…。

なるほど。PHPのフレームワークでどちらも譲らないという訳だね。

そうそう!それでジャバ―ド先生の意見なら、みんなも聞いてくれるんじゃ無いかと思ってさ!ボクが提案したんだよ!そしたら、イノシシさんもイノシシさんのお友達エンジニアさんも、ジャバ―ド先生が決めたことに従うって言ってくれたんだ!

あれ、なんか知らない間に、とんでもないトラブルに巻き込まれた感じがすごいんだけど…

まぁまぁそんなこと言わずにさ!ジャバ―ド先生ならどっちを選ぶか聞かせて!はいっ!さぁ!!どうぞ!!

えっと、ちょっと待ってね。確かに最近はCakePHPよりもLaravelの方が人気が高いのは事実だけど、それだけではなかなか決めることができないからね。

えー!!それは困るよ!!ジャバ―ド先生が決めてくれないとさ!!

そうだねぇ。まぁ機能的なところはそこまで大差はないと言ってよいかもしれないね。CakePHPもLaravelも優れたフレームワークであることは事実といってよいと思うよ。で、フレームワークってさ、作った人の思想が色濃く反映されるんだよ。「フレームワークとはこうあるべきだ」って感じでね。

ふむふむ。じゃあCakePHPはどういう考え方なの?

CakePHPは規約重視であまり柔軟性がないのが特徴だね。きちんとルールを守ってプログラミングすることで、生産性をあげることができるんだ。一方、Laravelは自由度が高くて色々できる反面、エンジニアの裁量次第ってところもあるからね。あとは一般的にはLaravelは大規模なアプリケーション、CakePHPは小規模~中規模なアプリケーション向きと言われているね。

なるほどねぇ…。でも、それくらいだと決定打にならないよねぇ…。

そうだねぇ。あとはエンジニアさんが慣れているフレームワークを選ぶとかね。

うーん。だんだんめんどくさくなってきちゃったな。もういいや!ジャバ―ド先生はLaravelを推してたことにするよ!

やっぱりとんでもないことに巻き込まれた気がするよ…

CakePHPとは?採用に役立つ基礎知識

CakePHPはPHPのWebフレームワークの1つです。同じPHPのフレームワークであるLaravelと並ぶほど高い人気を集めています。CakePHPはMVCというアーキテクチャを採用しており、Model(データベース関連の処理)、View(画面関連の処理)、Controller(ロジックを制御)に分けて実装することができます。そのため、機能追加や変更に強いという特徴があります。また、通常プログラミングをする際は幾つかのファイルを手動で作成する必要がありますが、そちらを自動化できるbakeという機能もあります。

CakePHPを使うエンジニア

CakePHPは主にサーバーサイド(バックエンド)エンジニアが使います。CakePHPは2010年頃をピークとしていました。その当時PHPで開発をしていたエンジニアであれば、開発経験があるエンジニアが多いのではないでしょうか。その後、2015年以降はLaravelの人気が高まっていき、現在に至ります。新規開発はLaravelが採用されるケースが多いですが、稼働中のアプリケーションでCakePHPを採用しているものもかなりあります。

なお、CakePHPの開発経験があるエンジニアの在籍業界としては、Webアプリケーションを開発するWeb業界が中心となります。また、SIer業界にも在籍しています。

採用する時に知っておくとよいこと

CakePHPエンジニアが見つからない場合は

PHPのフレームワークには様々なものがあります。そのため、CakePHPの開発経験があるエンジニアがなかなか見つからないケースもあるでしょう。そのような場合は、PHPの他のフレームワークに関する経験を確認するようにしましょう。同じPHPのフレームワークであるため、似たような考え方も多く、早期にキャッチアップできる可能性もあります。

求人のポイント

求人を作成する時は、下記の内容を求人に入れるとよいです。

1システム(サービス)の詳細
※特にそのシステム(サービス)をなぜ作っているのかを熱量をもって記載する。
2開発環境
3現在のエンジニア組織の体制
4現行システムの課題と募集の背景
5求められる業務と期待値
6エンジニアとしてのスキルアップ支援制度の有無と詳細
7エンジニアチーム内での相互成長のための仕組み(勉強会やLT会など)の有無と詳細
8選考フロー
9待遇
10キャリアパス

CakePHPの知識

CakePHPを使った有名な企業・サービス

株式会社asken あすけん 

あすけんは株式会社askenが開発・運営している食生活改善アプリです。日本国内での会員数は500万人をこえており、日本でも有数のヘルスケアサービスに成長しています。このあすけんはCakePHPで開発されています。

https://www.asken.jp/

ランサーズ株式会社 Lancers

フリーランスや副業のプラットフォームであるランサーズ株式会社のサービス「Lancers」は、登録ユーザー数100万人をこえる大規模なWebアプリケーションです。こちらのサイトもCakePHPで開発されています。

https://www.lancers.jp/

株式会社ジョブカン会計 ジョブカン会計

ジョブカン会計は株式会社ジョブカン会計が開発・運営しているクラウド会計サービスです。シリーズ累計で約12万社以上の導入実績を誇っています。こちらもCakePHPで開発されています。

https://ac.jobcan.ne.jp/

CakePHP関連のイベント 

CakePHPに関するイベントは以下のようなものがあります。

CakeFestはCakePHPの国際的なカンファレンスです。近年はオンラインでの開催となっています。また、PHPカンファレンスはPHPに関する国内最大級のイベントであり、40を超えるトークセッションが設けられています。

関連記事

  1. Backlog

  2. JMeter

  3. メタバース

  4. アジャイル

  5. perl

  6. dart