フロントエンドエンジニアの採用で知っておくべき技術用語まとめ

フロントエンド関連で知っておくべき技術用語のまとめです。フロントエンドに関する言語、必要となるスキルなどを軸に紹介しています。

フロントエンド関連で知っておくべき技術用語のまとめです。フロントエンドに関する言語、必要となるスキルなどを軸に紹介しています。

職種

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、その職種名どおりフロントエンドの開発を担当するエンジニアです。

フロントエンドエンジニアの職務領域は企業によって異なり、デザインはWebデザイナーが担当することもあれば、フロントエンジニアがWebデザインからフロントエンド開発まで担当するケースもあります。

フロントエンドエンジニア

開発言語・フレームワーク

HTML/CSS・JavaScript

HTML/CSSとJavaScriptは、フロントエンドエンジニアになるために必須なスキルです。HTMLとCSSはWebサイトの外観を作成するために、そしてJavaScriptはWebサイト上で動的な処理を実現するために使用します。

HTML

CSS

Javascript

TypeScript

TypeScriptとはMicrosoftが開発したフロントエンド向けのプログラミング言語です。この言語は、JavaScriptをベースに開発されているため、そのJavaScriptと互換性を有しています。

特に中〜大規模アプリケーションの開発を得意としています。

Typescript

jQuery

フロントエンドエンジニアに必須のスキルとしてJavaScriptというプログラミング言語を紹介しました。そのJavaScriptは豊富なフレームワークやライブラリがあることで有名です。

その中でもjQueryは最も代表的なライブラリです。ある調査によれば、既存Webサイトの78%はjQueryが利用されているとのことです。

jQuery

Vue.js

Vue.jsは、JavaScriptのフレームワークです。その中でも、高い人気を誇っています。

一般的にフレームワークは他のフレームワークと共存できなかったり、生産性が向上する代わりにさまざまな制約が発生するものですが、Vue.jsは部分的に導入できるという特徴があります。

Vue.js

React

Reactは、Meta社(旧Facebook社)が開発したJavaScriptのフレームワークです。

Reactの特徴としては、パフォーマンスに優れており、少量のコードで最新のUIを実現できます。また、再利用性に優れているため、開発生産性を向上できる点もメリットの1つです。

React

Angular

Angularとは、JavaScriptのWebアプリケーションフロントエンドフレームワークです。このフレームワークは、Google社を中心にエンジニア有志が開発をすすめています。

AngularはVue.jsやReactと並び、高い人気を有しています。

Angular

フロントエンドで知っておきたい保守・運用ツール

Git / GitHub

GitやGitHubは、ファイルに対する変更を管理するシステムです。開発関係の資料はもちろん、ソースコードなどをGitで管理することで、「誰が」「いつ」「どのような」変更を加えたのかを管理することができます。昨今の開発現場ではスタンダードなツールとなっています。

Git / GitHub

Jenkins

Jenkinsとは、開発の構築という工程に関わる作業を自動化・高速化するためのツールです。エンジニアにとってはメジャーなツールであり、スマホゲームを含むスマートフォンアプリ業界、アプリケーション開発にスピードが求められるWeb業界などは、Jenkinsがよく利用されています。

Jenkins

フロントエンドに関連するトレンド用語

UI/UX

UI/UXとは、スマートフォンアプリやWebアプリケーションの画面(ユーザーに見える部分)や、その画面を操作することによってユーザーが得る体験などのことです。どんなに素晴らしい機能を持っていても、UI/UXが悪いとユーザーはアプリに対してネガティブな感情を持ってしまいます。そのため、近年UI/UXは重要視されています。

UI/UX

関連記事

  1. Couchbase

  2. ASP.NET

  3. Docker

  4. サーバーサイドエンジニア採用で知っておくべき技術用語まとめ

  5. Angular

  6. WordPress